鼻

鼻の症状

鼻の診療内容

アレルギー性鼻炎・花粉症対策・副鼻腔疾患など

アレルギー性鼻炎とは?

症状
発作性再発性のくしゃみ、水性鼻漏、鼻閉が3主徴です。風邪も引いていないのにくしゃみ、はなみず、はなづまりが生じます。症状が1年中ある場合(通年性)と季節性に症状がある場合とがあります。

病気の原因
ある特定の原因物質(抗原)に対する抗体が体の中で合成された後、再び鼻からその抗原を吸い込んだとき、上記の症状が生じます。これらの症状は、鼻の中の粘膜でアレルギー反応が起きることによります。原因となる抗原は、日本ではハウスダスト(ダニ)が最も多く、次にスギ花粉、その他にはカモガヤ花粉、ブタクサ花粉、カビ(真菌)等があります。

治療法

抗原の回避
原因がハウスダスト(ダニ)の場合は、室内の清掃、ぬいぐるみを持ち込まない、たたみ、じゅうたん等をやめる、空気清浄機を使う等で、できるだけダニを除去します。原因がスギ花粉の場合は、飛散の多い日は外出を控える、窓・戸を閉めておく、外出時マスク・メガネを使う、帰宅したら洗眼・うがいをし鼻をかむ等でスギ花粉を回避します。これらのことをまめに実行する事でかなり症状は軽くなります。

薬物療法
最も一般的に行われている方法です。抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、ステロイド点鼻薬等が主に使用されます。抗ヒスタミン薬は速効性が有りくしゃみ、はなみずに効果がありますが、眠気、口渇等の副作用があります。抗アレルギー薬はやや遅効性でくしゃみ、はなみずに加えてはなづまりにも効果があり、副作用は比較的少なくなっています。ステロイド点鼻薬は効果発現がやや早く、はなづまりにも有効で全身的な副作用はほとんどありません。これらの薬を症状に応じて使い分けます。また、漢方薬、抗コリン点鼻薬も効果が認められています。

予防法

花粉症の予防としては、花粉飛散予報日の1〜2週間くらい前から抗ヒスタミン系の抗アレルギー薬を飲み始めると症状が軽くすむと言われています。

トップへ戻る