補聴器

補聴器のQ&A

補聴器が必要ではありませんか?当院にお気軽にご相談ください

Q1 私の難聴は治りますか?
A. 難聴には治せるもの、治せないものがあります。まずは診察を受けてください。
Q2 補聴器が必要でしょうか?
A. 難聴の程度や個人の不便さによって異なります。
Q3 補聴器は簡単に選べますか?
A. あなたに合った補聴器をあなたが必要と感じる場合に使えるように調整しなければなりません。
今、聞きやすい補聴器が他の場所で使えないこともあります。これを解決するにはある程度の試用期間が必要です。
Q4 補聴器を選ぶための検査は有料ですか?
A. 有料ですが、診察・検査には保険が適用されます。
Q5 補聴器に保険が使えますか?
A. 補聴器そのものに保険は適用とはなりませんが、難聴の程度によって福祉の補助を受けることができます。
Q6 補聴器を使っても聴力は低下しないですか?
A. 補聴器は、きこえをサポートするために作られた製品です。聴力に合わせた調整と正しい使い方を行えば、聴力が低下するようなことはありません。ただし、補聴器の設定が合っていないと、聴力を低下させる場合があるので、必ず店頭で調整してもらいましょう。
Q7 補聴器で聞く音は、ふつうに聞こえる音とは違うのですか?
A. 補聴器から聞こえる音は、音の伝わり方の違いにより、今まで聞いていた音とは少し違った印象を受ける場合があります。最近のデジタル補聴器では、より自然な聞こえに近いものもありますので試聴してみてください。
Q8 年齢を重ねるとともに聴力が低下することはありますか?
A. 聴力も視力と同じように、年齢を重ねるとともに低下していきます。これはたいがいの人にあてはまる生理的なもので、老人性難聴と呼ばれています。
Q9 補聴器を購入する注意点は?
A. まず、耳鼻咽喉科の診療を受けてください。
耳垢がいっぱいつまっていて難聴になっている場合、滲出性中耳炎・耳管狭窄症等で難聴になっている場合もあります。このような伝音系の難聴を解決した後聴力検査を受けます。その聴力検査の結果を待って「認定補聴専門店」で購入してください。

トップへ戻る